よくある質問 - QUESTION -

基本的にはどこの歯でもインプラントを埋め込むことは可能です。
虫歯・歯周病が重度の方や、骨の量が少ない方は骨再生治療を行なえば、インプラント治療が可能です。

インプラントの寿命は、患者様の使用状況によって大きく変わってきます。
インプラントも適切なな状態を保たないと、イプラント周囲炎になってしまいます。
メンインテナンスを行うことによって、半永久的にインプラントを使用することも可能です。
定期的に歯科医院に通って、メンインテナンスを受けることをお勧めします。

手術の際には局部麻酔をしますので、痛みを感じることはありません。
患者さんのご希望があれば、歯科麻酔専門医による「静脈内鎮静法」で、快適な治療を受けることができます。
術後の痛みにつきましては、個人差がありますが、当院においては、鎮痛剤を飲まれない方が多いです。
術後には鎮痛剤・抗生剤を処方しております。
「静脈内鎮静法」に関して詳しくはコチラ

80代の方でもインプラントは出来ます。
またご高齢の方は、全身管理が可能な静脈内鎮静法を用いて、安全に治療する事が可能です。
成長期のお子さんは、骨の成長が終わってから可能です。

可能です。ただしインプラントのメーカーの違いや治療の進め方が、異なると思います。

可能です。
インプラントを入れても歯周病(イプラント周囲炎)になる事があるので、インプラント治療後は、定期的に歯科医院に通って、メンインテナンスを受けることをお勧めします。