審美治療 - AESTHETIC DENTISTRY -

歯を白くしたい方へ

患者様から「銀歯が気になって人前で口を開けるのに抵抗がある」といったお悩みをよくうかがいます。ホワイトニングをした後やきれいにしている白い歯のなかに銀歯があると目立ってしまいますね。Kデンタルオフィスでは、見た目が気になる銀歯を白く自然なセラミック素材に変える審美治療治療を行っています。

詰め物・被せ物は、ただ白くするだけではなく機能性も重要です。どんなにきれいに仕上がっても、違和感なく噛むことができなければ使いやすい詰め物・被せ物とはいえません。Kデンタルオフィスの審美治療では機能性も重視し、お口に合わせた詰め物・被せ物を製作。見た目の美しさと噛みやすさを両立させます。

目立っている銀歯を自然なセラミックの歯に変えてみませんか?

銀歯のデメリット

  • 金属アレルギーのリスクがある

  • 長期間に渡って銀歯を装着していると、銀歯の金属イオンがお口の中に溶け出てしまいます。この金属イオンが体内に取り込まれることで、皮膚がかゆくなる、赤くなるといったアレルギー症状が出るようになるのです。

  • 歯茎が変色する

  • 溶けだした金属イオンが歯茎を変色させることがあります。金属イオンが触れることで、歯茎は紫や黒っぽい色に変わります。

  • 見た目が怖い

  • 自然な歯の中にギラっと光る銀歯があるのは違和感があります。実際、「銀歯が目立つのが気になる」という患者様は多くいらっしゃいます。コンプレックスの原因になってしまうようです。

取り扱い素材

ジルコニア

「白いメタル」と呼ばれるほど、審美性・耐久性に優れた素材。素材自体がしなやかさで割れにくいというメリットもあります。

オールセラミック

セラミック素材を主成分とした詰め物・被せ物。大変審美性に優れ、本物の歯のような自然な見た目が実現します。さらに耐久性にも優れています。

ハイブリットセラミック

セラミックとレジンを掛け合わせた素材。本物の歯のような自然な見た目です。オールセラミックやジルコニアにはやや劣りますが、高い耐久性を誇ります。

ラミネートべニア

歯の表面に薄いセラミックの板を貼り付ける処置です。歯の色や形を整えることが可能で、すきっ歯などにも効果的です。